よくある症状・症例

スポーツや転倒、重いものを持った時の急な痛みの他、

腕が上がらない、首や肩や腰が痛いなど、肩こり、腰痛、五十肩、寝違えなどもお気軽にご来院ください。

記載のない症状・症例にも対応できます。

部位毎の症例

 

スポーツ毎の症状・症例

スポーツによる怪我は、スポーツ外傷と、スポーツ障害に分けられます。

スポーツ外傷とは、外的な力(転倒や、壁や仲間や相手選手との衝突、自身の他の部位の筋肉等が強く引っ張ったなど)による生じる 打撲、骨折、捻挫、挫傷(肉離れ)など の事で、

スポーツ障害とは、スポーツによる使いすぎ(オーバーユース)や、身体のバランス(姿勢、筋力)の不均衡による負荷を与え続けてきた結果生じた 疲労骨折、関節の炎症、腰痛など の事です。

スポーツ外傷は、外力による怪我なため予測が難しい怪我ですが、

スポーツ障害(オーバーユースでの怪我)は予防や進行を抑えることが可能な怪我です。

  痛みの原因 予防
スポーツ外傷(がいしょう) 一回の強い外力 難しい
スポーツ障害(しょうがい) 繰り返しの運動負荷 可能

スポーツ障害の痛みは、我慢できる痛み(怪我レベルでいうと1(当院指標))であることが多いことから、痛みを我慢して練習・トレーニングを続けてしまいがちです。

しかし、我慢していたところで治るものではありませんし、痛いことをごまかしながら良いトレーニングは積めません。

さらに、手術が必要になったり、長期間トレーニングできない期間が必要になったりと、復帰までに長い時間を要してしまう怪我に発展してしまうこともあります。

また、成長期のスポーツ障害には特に注意が必要です。成長期は骨が柔らかく(骨が変形しやすく)治癒能力が高いため(変形した状態のまま癒合することがある)、スポーツ障害を放置しておくと、成長に影響が生じたり、大人になっても症状が継続するなど、競技力に影響を及ぼしてしまうことがあります。

大人も子供も、スポーツ障害による痛み・怪我は痛みがひどくないからと言って我慢することなく、ひどくなる前に、整骨院や整形外科を受診下さい。

下記は、来院時における症状・症例による外傷と障害の傾向です。

※実際のスポーツ現場では、繰り返される負荷が継続し、組織が弱っている時に、 少しの外力や負荷で症状が出現してしまうこともあり、外傷と障害の区別がはっきりしないこともあります。参考までにご覧ください。

野球

    スポーツ
外傷
スポーツ
障害
備考
野球肩
(リトルリーガーズショルダー)
  成長期に多い
インピンジメント症候群  
腱板炎  
関節唇損傷(SLAP損傷)    
野球肘(離断性骨軟骨炎(OCD))   成長期に多い
野球肘(内側上顆裂離骨折)   成長期に多い
腱板炎      
腰痛  ○  
膝・大腿 肉離れ    
足・下腿 肉離れ    
シンスプリント    
足関節捻挫    
疲労骨折    

陸上・ランニング・マラソン

    スポーツ
外傷
スポーツ
障害
備考
腰痛  
筋膜炎    
膝・大腿 肉離れ    
半月板損傷  
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)    
ランナー膝(腸脛靭帯炎)    
鷲足炎    
足・下腿 肉離れ    
シンスプリント    
足関節捻挫    
アキレス腱炎    
足底筋膜炎    
疲労骨折    

サッカー

    スポーツ
外傷
スポーツ
障害
備考
股関節 鼠蹊部痛症候群    
膝・大腿 肉離れ    
半月板損傷  ○  
ACL損傷(前十字靭帯損傷)    
内側側副靭帯損傷    
オスグッド病   成長期に多い
足・下腿 肉離れ    
足関節捻挫    
疲労骨折    

バスケットボール

    スポーツ
外傷
スポーツ
障害
備考
突き指    
膝・大腿 肉離れ    
半月板損傷  
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)    
足・下腿 シンスプリント    
足関節捻挫    
疲労骨折    

バレーボール

    スポーツ
外傷
スポーツ
障害
備考
関節唇損傷(SLAP損傷)    
突き指    
膝・大腿 肉離れ    
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)    
足・下腿 肉離れ    
足関節捻挫    
アキレス腱炎    
疲労骨折    

ゴルフ

    スポーツ
外傷
スポーツ
障害
備考
腰痛  
膝・大腿 肉離れ    
足・下腿 肉離れ    

主なスポーツ毎の症例を記載しておりますが、記載のない症状・症例にも対応できます。